スパーキー佐藤式早漏対策で、誰でも早漏を克服出来る

オナニーの時に自分で出来る早漏改善法

スパーキー佐藤の早漏改善法は、自分で早漏改善が出来る方法です。

 

 

早漏の原因の一つは、刺激に対して弱い事

多くの人が早漏の原因として漠然とイメージするのはこれではないでしょうか。実際にこれはよくある早漏の原因の一つであり、刺激に耐えられるようにトレーニングをする事で早漏の改善が見込めます。(スパーキー佐藤はこれを「刺激対策」と呼称しています。)

 

スパーキー佐藤の刺激対策は3つあります。

 

  • 亀頭を鍛えるトレーニング
  • カリを鍛えるトレーニング
  • 全体を鍛えるトレーニング

 

 

カリや亀頭というのは敏感な部分なので、ここが鍛えられていないとすぐに快感が高まって射精に至ってしまいます。
オナニーをする時、動画のやり方で行ってしっかりと鍛えていってください。

 

ここが鍛えられていないで早漏だという人は、おそらく普段のオナニーでこんな風に自分のペニスをしごいていないと思います。初めてこのやり方でオナニーすると、あまりの刺激の強さにあっという間に気持ちよくなって射精してしまうと思います。

 

しかし何度もこの方法を重ねていくうちに段々と射精までの持続時間が長くなっていくのを感じるでしょう。

 

他に「早漏にならないためのオナニーのやり方」というのも解説されます。

誰でも早漏を克服出来る方法

パートナーとのセックスは最高に幸せなもの・・のはずなのですが、自分だけがあっという間にイってしまい、パートナーが不満そう。
そんな悩みを抱えている男性は世に多くいます。どうすれば早漏って治るのだろう?そもそも治るものなの?
大丈夫です。早漏は確実に克服出来るものです。

 

 

生まれながらの絶倫など存在しません

もちろん世には早漏ではない人もいます。パートナーをきちんとセックスで満足させられる人。

 

俗に「絶倫」なんていう言葉がありますが、長時間ペニスを挿入したままピストンし続けても射精せずにいられる人もいます。たとえばAV男優と言う職業の人達は、「うっかり射精してしまう」なんていう事は許されません。
AVの監督の望むタイミングまで射精せずにピストンをし続けなくてはなりません。

 

早漏で悩んでいる人がいる一方でこういう人がいる。そのため「早漏の人は生まれついての早漏。絶倫の人は生まれついての絶倫」であり、どうにもならないと考えてしまう人が少なくありません。
しかしこれは大きな間違いです。

 

生まれついての絶倫なんていう人はいません。男性というのは最初は絶対に早漏なんです。

 

初めてのセックスの時、「挿入してすぐに射精してしまった」「挿入どころかペニスを女性に触られただけで射精してしまった」なんて話はよく聞きますよね。「初めての時から20分以上ピストンできた」なんて話は聞いた事がありませんよね。

 

男性は誰でも最初は早漏。あとから早漏ではなくなるのです。実際、AV男優であるスパーキー佐藤は昔セックスした相手がビックリしてしまうほどの早漏で、AV男優になった後に射精コントロール方を身につけたというのです。

 

 

こう聞くと

「自分の知人で10分以上ピストン出来る人がいるけど、そいつは早漏の対策法なんてやった事がないと言っている。やっぱり生まれつきの差なんじゃないのか?」

なんていう事を思う人がいるかもしれません。

 

男性は誰でも最初は早漏ですが、早漏ではない人は皆なんらかの早漏改善法を意識して行った、とは限りません。

 

あなたが始めてエロ本やAVを見てオナニーをした時の事を思い出してください。オカズを見て興奮し、夢中でペニスをしごいて気持ちよくなり、あっという間に射精してしまったと思います。

 

でも今のあなたのオナニーはどうでしょう?

 

すごく興奮するオカズで、ペニスをしごいて最高に気持ちが良くてもすぐには射精しないようにしているのではないでしょうか。ある程度快感が高まってきたところでしごくのを弱めたり、一旦止めたりして、ペニスが納まってきたところでまたしごいて快感を長時間楽しむようにしていませんか?

 

そうする一方で、もうガマンできずにイクという時は、それまで以上に激しくペニスをしごいて快感を大きく高めてオーガズムに達するようにしていませんか?

 

よりオナニーで満足出来る方法を誰かに教わったなんていう人はほとんどいないと思います。

 

何度もオナニーをしている内に「すぐに射精して終わってしまうのはもったいない」「イキそうになったら少し休めれば、また快感を楽しめるのでは?」「どうせイクのなら、強く刺激した方がより気持ちよくなれるのでは?」と気付き、試していく内により満足出来るオナニーをするようになっていったのだと思います。

 

 

セックスもそうです。何度もセックスをしている内に「こうすればすぐにイカないように出来るのでは?」と気が付く人もいるのです。そういう人は無意識の内に早漏を克服出来てしまいます。
偶然それに気が付く事が出来たかどうか。早漏でない人とまだ早漏の人の差はそれだけなんです。克服する方法さえ分かれば誰でも早漏は改善出来ます。

ペニスへの刺激だけではなく、興奮のコントロールが重要

「早漏の対策」と聞くと「ペニスが膣内で擦られる刺激を受けても簡単にはイカないようにする事」とイメージする人が多いと思います。

 

もちろんこれは間違いではなく、スパーキー佐藤の早漏対策では「刺激対策」と呼ばれています。
しかし実は、もう一つとても重要なトレーニングがあります。それは興奮をコントロールすることなんです。

 

射精と興奮は密接な関係にあります。
同じペニスへの刺激でも、興奮しているほど強く快感を感じ、性感が高まります。
だからこそ男性はより気持ちよくオナニーをするために自分の好みのオカズを求めるわけです。この興奮をうまくコントロール出来れば、すぐに射精してしまう事態を回避できるのです。

 

前項で「初めてのセックスであっという間に射精してしまう」という話をしましたが、一方でこんな話も結構聞きませんでしょうか。

 

「目の前に素っ裸の女性がいるのに、緊張して全然勃起しなかった」

 

 

目の前に綺麗な女性が全裸でいたら、勃起するなという方が無理な話です。しかし緊張という精神状態は興奮を妨げ、勃起すらしないのです。これほどまでに精神状態は性感に大きな影響をもたらすのです。これを理解すればあなたのピストン持続時間は大幅に長くなります。

 

>>興奮対策の動画を見る

page top